Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振り込め詐欺の被害額251億円 - 警察庁まとめ

警察庁は、2004年11月までの振り込め詐欺の認知件数、および検挙状況を発表した。

いわゆる「オレオレ詐欺」や架空請求など、振り込め詐欺の合計被害額は、251億6301万円で、528人が検挙されている。オレオレ詐欺の形態は、交通事故示談金がもっとも多く、ついでサラ金の返済名目が続いた。

架空請求は、47億円の被害が認知されており、205人が検挙されている。有料サイトの利用料金名目による被害がもっとも多く、借金返済・債権回収名目が続いている。誘拐を偽装する「オレオレ恐喝」についても、5億円以上の被害が発生しており、32人が検挙されたという。

(Security NEXT - 2005/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
SonicWall製アプライアンスに脆弱性 - 2020年の修正不備で
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙