Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

靖国神社のサーバがDoS攻撃の被害

靖国神社は、2004年9月3日より同ホームページに対してDDoS攻撃が加えられていることを明らかにした。現在も引き続き攻撃が行われているという。

1秒間に1万5000回のアクセスが行われたケースや、同社のアドレスを詐称したスパムメールが配信され、リターンメールやウイルスメールの受信などにより、利用不可となる被害が発生したという。

同社によれば、中国国内において攻撃の呼びかけがあったとしており、攻撃ツールなども出回っており、これらの攻撃によるものだという。現在、防御態勢を構築したが、攻撃方法の変更や、複合的な攻撃によりサービスに支障がでるケースもあるとしている。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大