Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

靖国神社のサーバがDoS攻撃の被害

靖国神社は、2004年9月3日より同ホームページに対してDDoS攻撃が加えられていることを明らかにした。現在も引き続き攻撃が行われているという。

1秒間に1万5000回のアクセスが行われたケースや、同社のアドレスを詐称したスパムメールが配信され、リターンメールやウイルスメールの受信などにより、利用不可となる被害が発生したという。

同社によれば、中国国内において攻撃の呼びかけがあったとしており、攻撃ツールなども出回っており、これらの攻撃によるものだという。現在、防御態勢を構築したが、攻撃方法の変更や、複合的な攻撃によりサービスに支障がでるケースもあるとしている。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし