Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月額制のスパイウェア駆除サービス - ライブドアら3社が提供

ライブドアは、アークンおよびイーディーコントライブとともに、ハッキングツールやスパイウェアといった不正行為実行プログラムの検出、駆除を行う月額料金制のサービス「livedoor アンチスパイウェアサービス」を、2005年1月下旬より提供開始する。

同サービスは、トロイの木馬、ハッキングツール、スパイウェアなど、コンピューターに対して不正な行為を実行するプログラムを検出し、駆除するもの。インターネットに接続されていない状況でも利用可能だが、インターネットに接続することにより、最新のパターンファイルで検出、駆除を行うことができる。

管理目的に使用しているツールを除外リストに設定して、スキャンの対象外にできるほか、検出されたプログラムでも「隔離」を選択すれば、あとから復旧することも可能。月額料金は525円。検出機能のみの利用は無料。

(Security NEXT - 2004/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド