Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力が個人情報を紛失

中部電力は、28件の個人情報を含む顧客リストを紛失していたことが明らかとなった。

同社社員が25日の営業業務中に顧客リストを紛失したもの。顧客リストは書類状のもので、同社岡崎支店において温水器を契約している28人分の個人情報が含まれていたという。個人情報は、氏名や住所、電話番号などだった。

(Security NEXT - 2004/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
「電話料金が大変高額に」とウソ - ソフバン装うフィッシング
衣料品通販サイトでクレカ情報流出 - 窃取プログラムが設置
薬機法の「よくある相談」ファイルに相談者の個人情報 - 大阪府
業務情報用いて私的SMSを送信、職員を停職処分 - 妙高市
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
「VMware vCenter Server」にRCE脆弱性、すでに悪用済み - 探索行為も
Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正