Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩保険を付帯した暗号化アプリ内蔵USBメモリが登場

シーフォーテクノロジーは、個人情報漏洩保険を付帯した暗号化機能付きUSBメモリ製品「CRYPTY U」を、12月1日より発売する。

同製品は、USBメモリ内にプログラムエリアがあり、ファイル暗号化および復号アプリケーションが内蔵されている。また、メモリ内データの暗号化保存が可能。保存容量は約50MB。

さらに、USBメモリ内およびPC上で暗号化されたファイルを対象とした、個人情報漏洩賠償保険を付帯しており、同アプリケーションを用いて暗号化したファイルから個人情報が流出した際、補償される。保険期間は、ユーザー登録後1年間。価格は、10個セットで9万2400円。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性