Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会ら3社、ワンタイムパスワードを用いた認証強化ソリューションを発売

大塚商会、マイクロソフト、RSAセキュリティの3社は、企業の情報システムのセキュリティ強化を図る「Active Directory認証強化ソリューションパック」を11月15日より発売する。

同ソリューションは、Active Directoryによるユーザーアカウントの一元管理と、認証時に従来の固定パスワードではなく、ワンタイムパスワードを用いることでセキュリティ強化を図るもの。

ワンタイムパスワードを用いた二要素認証として「RSA SecurID for Microsoft Windows」を利用するほか、各クライアントPCへのモジュール配信、資産管理、セキュリティパッチの配布には「Microsoft Systems Management Server」を利用。

同ソリューションは、7月に発表された「情報漏えい防止9社連合」のエンタープライズ向けソリューションとして提供される。価格は、見積もり価格。

(Security NEXT - 2004/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正