Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、紙文書の印刷者を特定する情報漏洩対策ソリューションを発売

日立製作所と日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェアは、二値画像電子透かし技術により、プリンターで印刷した者を特定する「電子透かしプリントソリューション」を発売する。

二値画像電子透かしとは、白黒データに対して、白黒反転を用いてデータ自体に微弱な改変を施すことで情報を埋め込んで、識別を可能とする技術。これにより印刷されたものを「検証ソフトウェア」を利用してスキャナーで読み込むと、埋め込まれたデジタル情報パターンを認識し、誰が印刷したものか判別することができる。

印刷された紙文書から、いつ、誰が印刷したか特定可能なので、紙文書による情報漏洩を抑止できるという。ソフトウェアをインストール、設定するだけで使えるので、既存のレーザープリンターやスキャナーがそのまま利用可能。また、印刷物をコピーしても印刷者を特定できる。

同製品は「電子透かし印刷制御ソフトウェア」と「検証ソフトウェア」から構成される。価格は、100ユーザーIDライセンスと検証ソフトウェア1本で140万円。2005年2月28日から提供開始予定。

(Security NEXT - 2004/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性