Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIDC、著名なハッカーを講師に迎えたセキュリティセミナーを実施

エス・アイ・ディ・シーは、セキュリティ・テクニカル・セミナー「PACSEC CORE04/CONFERENCE」を、11月11日、12日の2日間にわたり、東京都中央区箱崎のロイヤルパークホテルで実施する。

同セミナーは、カナダで毎年開催されている、世界的なセキュリティ・カンファレンスであるCanSecWestの内容から、日本およびアジア向けに最適なテーマを厳選して実施されるもの。

2回目となる今回は、世界中の著名なハッカー12名を講師として招き、サーバーの脆弱性や攻撃に対する技術的な対処方法から、セキュリティビジネスのこれからの動きなどを、豊富な事例を交えながら解説する。

同セミナーは、午前9時から1時間単位で行われる予定。参加希望者は、事前予約および参加登録料の支払いが必要となる。入場料金は、1日券が7万円。2日間共通券が14万円となっている。

(Security NEXT - 2004/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
文学館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 埼玉県
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
個人情報が流出、元旦に脅迫メール - リラクゼーション店
「Uber Eats」の注文受付メールを装うフィッシングに注意
土木防災情報システムのメールサーバに不正アクセス - 新潟県
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
Skyが脆弱性報奨金制度 - CVSS基本値から金額算出、RCEで最大150万円を加算