Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIDC、著名なハッカーを講師に迎えたセキュリティセミナーを実施

エス・アイ・ディ・シーは、セキュリティ・テクニカル・セミナー「PACSEC CORE04/CONFERENCE」を、11月11日、12日の2日間にわたり、東京都中央区箱崎のロイヤルパークホテルで実施する。

同セミナーは、カナダで毎年開催されている、世界的なセキュリティ・カンファレンスであるCanSecWestの内容から、日本およびアジア向けに最適なテーマを厳選して実施されるもの。

2回目となる今回は、世界中の著名なハッカー12名を講師として招き、サーバーの脆弱性や攻撃に対する技術的な対処方法から、セキュリティビジネスのこれからの動きなどを、豊富な事例を交えながら解説する。

同セミナーは、午前9時から1時間単位で行われる予定。参加希望者は、事前予約および参加登録料の支払いが必要となる。入場料金は、1日券が7万円。2日間共通券が14万円となっている。

(Security NEXT - 2004/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場