Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EコマースサイトやWebアプリが標的 - シマンテックセキュリティレポート

シマンテックは、「インターネットセキュリティ脅威レポート」の最新版を発表した。同レポートは、2004 年1月から 6 月までのインターネット攻撃、脆弱性、および悪意のあるプログラムの活動の傾向を分析したもの。年2 回報告される同レポートの発行は、今回で6 回目となる。

レポートによれば、業界でもっとも攻撃の対象となっているのはE コマースサイトで、昨年下半期の4%から4倍の約16%へ大幅に割合が増加している。同社では背景にスパイウェアやフィッシング詐欺の出現を理由に挙げている。

ウェブアプリについても攻撃の拡大が見られたほか、脆弱性の公表から悪意あるプログラムが登場するまでの時間短縮を指摘、悪意のあるプログラム出現までの期間は平均わずか 5.8 日だという。また、botnetによる踏み台攻撃の急増が増加したことなどを指摘している。

(Security NEXT - 2004/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立