Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アラジン、ソフトウェア保護システムを発売

アラジンジャパンは、ハードウェアキーによるソフトウェアプロテクションシステム「HASP HL」を11月1日より発売する。

同製品は、暗号エンジンを内蔵したハードウェアキーによって、違法コピーや不正使用などの著作権侵害からソフトウェアを保護するドングル。共通鍵暗号アルゴリズムは、128ビットAESを採用した。

暗号処理は完全にハードウェアキー内で行われるため、暗号鍵を外部に露出することがなく、高いレベルの安全性が実現できるという。

また、1度プロテクトされたプログラムに対して、その起動範囲を限定したり、使用期限を設けたりする「ライセンシング」の変更が自由にできるようになった。これにより同社では、市場のニーズに合致したソフトウェアを迅速に供給することができるとしている。

(Security NEXT - 2004/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料