Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ケーブルネット下関、113件の顧客情報を紛失

ジュピターテレコムが運営するケーブルテレビ会社、ケーブルネット下関は、113件の顧客情報が記載された営業リスト4枚を、営業活動中の不注意により紛失したことを明らかにした。

同社によれば、10月3日、山口県下関市での営業活動中に、営業用顧客リスト4枚を車の屋根部分に放置したまま発進し、路上にて紛失したという。リストには、営業活動に必要な顧客氏名、住所、電話番号などの個人情報113件が含まれていた。

その後、同社の捜索により、リスト2枚、70件分のデータが回収された。しかし残り43件分のリストは依然見つかっておらず、現在も捜索中だという。

(Security NEXT - 2004/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院