Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館から400件のメールアドレスが流出

愛知県春日井市図書館は、9月24日にメールの誤送信により利用者の氏名やメールアドレス398件を流出していたと発表した。

職員がお知らせを同報メールとして送信する際、BCCを利用しなかったため、他利用者の氏名やメールアドレスがわかる状態で送信されたもの。利用者からの指摘により明らかになったという。

(Security NEXT - 2004/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を