Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館から400件のメールアドレスが流出

愛知県春日井市図書館は、9月24日にメールの誤送信により利用者の氏名やメールアドレス398件を流出していたと発表した。

職員がお知らせを同報メールとして送信する際、BCCを利用しなかったため、他利用者の氏名やメールアドレスがわかる状態で送信されたもの。利用者からの指摘により明らかになったという。

(Security NEXT - 2004/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携