Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オレオレ詐欺の裏にプリペイド携帯電話の影

警察庁の調査により、オレオレ詐欺で用いられる電話の9割以上がプリペイド式携帯電話であることが明らかになった。

架空請求などにも同様に7割近く用いられている。プリペイド式携帯電話は、犯罪へ利用されることが多く、携帯電話会社も本人確認の実施などを進めているが、購入者と実際の利用者が異なるなど問題が指摘されている。

(Security NEXT - 2004/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を