Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立大阪医療センターで個人情報500名分が漏洩

共同通信の報道によれば、国立大阪医療センターにおいて患者の個人情報を保存していたパソコンが盗難被害にあっていたことが明らかになった。

同センター医局にあったパソコン2台が盗難にあったもので、氏名や年齢、病名など約500名分の個人情報が保存されていた。大阪府警が窃盗の容疑で捜査しているという。

(Security NEXT - 2004/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト