Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

南大阪信用金庫の顧客リスト1651名分が盗難被害に

南大阪信用金庫の顧客リストが昨年車上荒らしに遭い、個人情報を紛失していたことが明らかとなった。

昨年10月に同金庫の職員が車上荒らしに遭い、鞄を紛失。鞄には1651名分の個人情報を収録した資料が入っていた。住民票が無断で変更されるといった被害が発生し、市に苦情が寄せられたことから同事件が発覚した。大阪府警は数人を逮捕し、調べを進めているという。

(Security NEXT - 2004/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明