Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

南大阪信用金庫の顧客リスト1651名分が盗難被害に

南大阪信用金庫の顧客リストが昨年車上荒らしに遭い、個人情報を紛失していたことが明らかとなった。

昨年10月に同金庫の職員が車上荒らしに遭い、鞄を紛失。鞄には1651名分の個人情報を収録した資料が入っていた。住民票が無断で変更されるといった被害が発生し、市に苦情が寄せられたことから同事件が発覚した。大阪府警は数人を逮捕し、調べを進めているという。

(Security NEXT - 2004/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性