Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

可燃ゴミから個人情報が見つかる - 埼玉県草加市

アイネスは、住基システム開発時に利用した個人情報の処分を誤り、元社員が通常の可燃ゴミとしてゴミ集積所に捨てていたことを明らかにした。

9月10日に草加市内のゴミ集積所より個人情報が回収されたもので、元社員が退職後、引っ越しの際に破棄したものだとわかった。同社は住民基本台帳のシステム業務を両市より受託しており、個人情報をテスト帳票として印字していた。

同社ではテスト資料の持ち出しを禁止するなど、再防止策を実施するとしている。また、関係者の処分を発表している。

(Security NEXT - 2004/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック