Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

可燃ゴミから個人情報が見つかる - 埼玉県草加市

アイネスは、住基システム開発時に利用した個人情報の処分を誤り、元社員が通常の可燃ゴミとしてゴミ集積所に捨てていたことを明らかにした。

9月10日に草加市内のゴミ集積所より個人情報が回収されたもので、元社員が退職後、引っ越しの際に破棄したものだとわかった。同社は住民基本台帳のシステム業務を両市より受託しており、個人情報をテスト帳票として印字していた。

同社ではテスト資料の持ち出しを禁止するなど、再防止策を実施するとしている。また、関係者の処分を発表している。

(Security NEXT - 2004/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者