Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、8月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、8月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、発表した。

同レポートによれば、8月のウイルス届出件数は5091件となり、6月以来、再び5000件を突破した。「W32/Netsky」の被害報告は、1431件の届出が寄せられ、6カ月連続でワースト1となった。続いて、「W32/Bagle」が502件、新しい亜種の出現した「W32/Mydoom」が496件となっている。

不正アクセスの届出件数は60件で、7月の45件から約33.3%の増加となった。そのうち被害届出件数は11件。内訳は、侵入8件、メールアドレス詐称2件、不正プログラムダウンロード被害1件だった。

(Security NEXT - 2004/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト