Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、8月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、8月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、発表した。

同レポートによれば、8月のウイルス届出件数は5091件となり、6月以来、再び5000件を突破した。「W32/Netsky」の被害報告は、1431件の届出が寄せられ、6カ月連続でワースト1となった。続いて、「W32/Bagle」が502件、新しい亜種の出現した「W32/Mydoom」が496件となっている。

不正アクセスの届出件数は60件で、7月の45件から約33.3%の増加となった。そのうち被害届出件数は11件。内訳は、侵入8件、メールアドレス詐称2件、不正プログラムダウンロード被害1件だった。

(Security NEXT - 2004/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委