Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、8月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、8月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、発表した。

同レポートによれば、8月のウイルス届出件数は5091件となり、6月以来、再び5000件を突破した。「W32/Netsky」の被害報告は、1431件の届出が寄せられ、6カ月連続でワースト1となった。続いて、「W32/Bagle」が502件、新しい亜種の出現した「W32/Mydoom」が496件となっている。

不正アクセスの届出件数は60件で、7月の45件から約33.3%の増加となった。そのうち被害届出件数は11件。内訳は、侵入8件、メールアドレス詐称2件、不正プログラムダウンロード被害1件だった。

(Security NEXT - 2004/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消