Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、セキュリティ監視サービスを提供開始

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、企業のネットワークシステムの運用に即したセキュリティの確保、維持および改善を実現する「セキュリティ・ホームドクターサービス」の提供を開始した。

同サービスでは、ネットワークの利用状況や構成などの診断を行い、利用者専用の「判定基準」と「対応手順」を立案し、個別のセキュリティ対策などを加えた「お客様カルテ」を作成する。さらに、カルテを参考に常時監視を実施し、警告やログの異常事態を通報する。

同社では、「お客様カルテ」をもとに迅速に応急処置を施すため、利用者の作業負担を軽減することができるとしている。また、セキュリティ専門家の助言により、利用者のセキュリティレベル向上に貢献できるとしている。価格月額115万円から。

(Security NEXT - 2004/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される