Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - 富士キメラ総研

富士キメラ総研は、「2004 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」をまとめた。セキュリティサービス市場は、2007年には1兆円を超えると予測している。

同資料は、ネットワークセキュリティ製品およびサービスのマーケットと、ネットワークセキュリティビジネス参入企業を対象としており、当該ビジネスの将来性や方向性を明確にすることを目的としている。

同資料によれば、セキュリティサービス市場の規模は、2003年は4981億円だったが、2007年には1兆1095億円と、1兆円を突破するという。

近年は、検査サービスのニーズがスポットから定期的なニーズへ移行していること、すでに整備してあるセキュリティポリシーの監査に対する需要が増加傾向にあるという。また、セキュリティに関する教育、トレーニングの実施も増加している。同資料は、これらの分野が引き続きセキュリティサービス市場を牽引していくと指摘している。

(Security NEXT - 2004/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を