Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC操作情報をすべて記録、情報漏洩抑止ソフト

エンカレッジ・テクノロジは、PCの画面、キーボード、内部動作をすべて記録し、異常を検知するソフトウェア「ESS REC」を発売する。

同ソフトは、「画面に表示される文字列」「キーボードの入力パターン」「プロセスの起動」「ファイルアクセス」「リムーバブルディスクの追加」などを検知に利用しており、「画面の連続画像」「プロセスの動作状態」「キーボード操作の全てのキーアップ」「キーダウン情報」「ネットワーク通信ポート(TCP/UDP)の接続状態」「リムーバブルドライブの状態」「USBデバイスの状態」が記録される。

また同社によれば、記録されたデータは、低容量であり暗号化が行われる。また、デジタル署名が付与され、証跡保全能力を備えており、監査や裁判に利用できるとしている。

(Security NEXT - 2004/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開