Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ゲーム画像の無断配信で逮捕 - 著作権法違反容疑

福岡県警は18日、インターネット上で人気ゲームソフトの画像を無断配信した会社員を逮捕した。

容疑者の男性は、一部のソフトの画像については許可を得ていたものの、スクウェア・エニックスが手がけるプレイステーション2向け人気シリーズ「ファイナルファンタジーXII」や「ドラゴンクエスト8」など、未発売のゲーム画像を無断で公開していたという。

また男性は、コンピュータ関連出版社に勤めており、プレス向け販促資料や海外サイトから入手した画像を公開した疑いがあるとして、県警では調べを勧めている。

ACCS
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断