Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ゲーム画像の無断配信で逮捕 - 著作権法違反容疑

福岡県警は18日、インターネット上で人気ゲームソフトの画像を無断配信した会社員を逮捕した。

容疑者の男性は、一部のソフトの画像については許可を得ていたものの、スクウェア・エニックスが手がけるプレイステーション2向け人気シリーズ「ファイナルファンタジーXII」や「ドラゴンクエスト8」など、未発売のゲーム画像を無断で公開していたという。

また男性は、コンピュータ関連出版社に勤めており、プレス向け販促資料や海外サイトから入手した画像を公開した疑いがあるとして、県警では調べを勧めている。

ACCS
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装