Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に

2020年度最初となる「情報セキュリティサービス基準」の募集が開始された。

「情報セキュリティサービス基準」は、セキュリティサービスを調達する際、サービスの品質を客観的に判断できるよう、経済産業省が設けた登録審査制度。

技術要件、人員、マニュアルの設置と言った品質管理要件について基準を設けており、審査を受けて適合性の基準をクリアすると審査機関の登録台帳に登録される。一定の品質の維持向上が図られていることを第三者が客観的に判断する制度だが、サービスの品質を保証するものではない。

同制度の申請、審査、登録は四半期に1回行われており、サービス台帳へ登録を希望する場合は、募集期間内に申請を行う必要がある。

現在、2020年度第1回目の募集を開始したもので、募集は4月27日まで。5月中旬の文書による審査、6月中旬に委員会による審議を経てサービス台帳には6月下旬に登録される。詳細は情報セキュリティサービス基準審査登録委員会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ