Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市

神奈川県平塚市の市議が、当選前の職員当時に個人情報を持ち出し、自身の選挙活動に利用したとされる問題で、同市は同市議を提訴する議案を可決した。

同市議は、同市の職員として在職中だった2018年に個人情報を含むファイルを不正に持ち出していたことが判明した。

一部について、同議員は持ち出しを否定しているものの、同市市議会では、2018年11月29日にのべ3万1429件、12月22日にのべ248件の個人情報を持ち出し、選挙はがきの送付に利用したものと結論付けている。

今回の問題で対象となる住民へ詫び状の送付など損害が発生したとして、同市議に対して221万620円の損害賠償や訴訟費用の支払いを求める訴訟を提起に関する議案が3月の同市議会に提出されていたが、3月17日に可決した。

同市議会では、同市議に対する辞職勧告決議についても2019年8月に可決。同年11月5日付で個人情報保護条例違反で同市議を告発している。

(Security NEXT - 2020/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で