Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

記念樹希望者宛メールで誤送信、直後にも再度ミス - 熊本市

熊本市は、記念樹の配布希望者に送信した連絡メールにおいて送信ミスが発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、緑化運動の一環として結婚や新築時に受け取ることができる記念樹の希望者に対し、2月25日に送信した事前連絡メールにおいて誤送信が発生したもの。メールアドレスを誤って「CC」に設定したため、受信者間でメールアドレス294件が表示される状態となった。

送信から約10分後に受信者より連絡がありミスが判明。メールの取り消し処理を実行しようとしたが、操作を誤って再度「CC」によるメールを送信。メールの取り消しもできなかった。

同市では同日に対象者へメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼。また電話や書面による謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市
ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大
新卒採用選考会の案内メールを誤送信 - リンクアンドモチベーショングループ
株主宛メールで送信ミス、メアド流出 - グンゼ
夕刊フジのイベント中止メールの送信ミス - 産経新聞
イベントの中止案内メールを誤送信 - 日本財団
受験生に対するメールで送信ミス、メアド流出 - 琉球大
セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京