Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSMTPD」に深刻な脆弱性 - 1月のものとは別の脆弱性

LinuxやBSDのディストリビューションで広く採用されているメールサーバ「OpenSMTPD」に、深刻な脆弱性が判明した。1月下旬に明らかとなった脆弱性とは異なるものだという。

リモートからルート権限でシェルコマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2020-8794」が明らかとなったもの。Qualysが発見、報告した。

クライアントサイドとしては、デフォルトの構成で悪用されるおそれがある。サーバサイドとしても、対象に接続し、メールを送信することが可能であれば、クライアントサイドの脆弱性が悪用可能だという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」。すでに実証コードが公開されている。

「OpenSMTPD」に関しては、細工したSMTPセッションによってroot権限でコマンドを実行することが可能となる脆弱性「CVE-2020-7247」が1月下旬に明らかとなったばかりだが、異なる脆弱性だという。

開発チームでは「CVE-2020-8794」のほか、「CVE-2020-8793」を解消したパッチ「同6.6.4p1」をリリースした。

(Security NEXT - 2020/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ