Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明

防衛省は同研究について、別の事業者が契約のもと進めていると説明。

性能などの要求事項は、研究開発の各段階で議論を踏まえて決定していくため、記載された要求事項がそのまま具体化されるとは限らないとしつつも、安全保障上の影響について精査を進めている。

三菱電機は、今回発表した内容が2月7日に判明したことについて、詳細を同省へ報告する準備の過程で、アクセスが可能だった範囲を再精査したところ、調査範囲が拡大し、あらたに流出の可能性が判明したと釈明。貸与された紙資料についてはそのまま保管すべきだったと謝罪した。

また、重要インフラに関する機微な情報や、機密性の高い技術情報、取引先との契約で定められた重要な情報については、流出していないことをあらためて確認したとしている。

(Security NEXT - 2020/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も