Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市

神戸市は、新型コロナウイルスに関する注意喚起メールにおいて誤送信が発生し、民泊事業者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、2月6日16時半ごろ、観光庁のシステムに登録する民泊事業者へ新型コロナウイルスについて注意を喚起するメールを送信したしたところ、送信ミスが発生したもの。

送信先を誤って「CC」に入力したため、24の民泊事業者に関するメールアドレス26件が、受信者間で表示される状態となった。

同市では、同月7日午前中までに、対象となる事業者に電話で説明と謝罪を行い、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
ベンチャー企業支援プログラムの委託先でメール誤送信、メアド流出 - 大阪市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト