Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院

昭和大学病院は、患者の個人情報が保存されたノートパソコンと外付けハードディスクを、院外で紛失したことを明らかにした。

同院によれば、2019年12月25日深夜から翌26日早朝にかけて、消化器、一般外科の患者情報が保存されたノートパソコンと外付けハードディスクを院外で紛失したもの。

紛失した機器には、最大1300件の患者情報が保存されていた。患者の氏名や性別、年齢、診察券番号、病名、手術内容などが含まれる。同院では警察へ届け出るとともに、捜索を続けている。

同院では、院外へ個人情報を持ち出すことを原則禁止としていた。同院では対象となる患者に対し、書面を送付して事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2020/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別支援学校で児童情報含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
個人情報含む要支援者名簿が所在不明 - 那覇市
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
台風被害で小学校で指導要録が流出 - 大郷町
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀