Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市

東京都小金井市は、委託先の高齢者福祉施設において、副施設長が利用者の個人情報を自らの政治活動に利用していたことを明らかにした。

同市では、介護老人保険施設小金井あんず苑における介護予防事業と小金井みなみ地域包括支援センターの事業を天誠会に委託しているが、これら事業で取り扱った個人情報を、小金井あんず苑の副施設長が政治活動に利用していたことが明らかとなったもの。

2019年11月28日、副施設長本人から、在職期間中だった2016年11月に、自らの政治活動に個人情報を利用したとの話があり、問題が発覚した。

本人が利用したデータはすでに削除されており、説明をもとに調査を行ったところ、氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、介護保険被保険者番号、緊急連絡先、健康状況などが含む1117件のデータを利用した可能性があることが判明した。

同法人では11月29日に同市へ報告。警察への相談や、認定個人情報保護団体への報告を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報収集を指摘された従業員は退社、顧客への影響否定 - エフセキュア
各国の大学を狙った不正アクセス、国内大学が被害を公表