Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も

マイクロソフトは、2019年最後の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで35件の脆弱性を修正した。一部でゼロデイ攻撃が確認されている。

20191211_ms_001.jpg
MSによるリリースノート

今回のアップデートは、「Windows」や同社ブラウザ「Internet Explorer」をはじめ、「Office」「SQL Server」「Visual Studio」「Skype for Business」の脆弱性へ対処したもの。

今回公表された脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」とされる脆弱性が7件、次いで深刻度が高い「重要」が28件、続く「警告」が1件の36件。ただし、このうち「重要」とされる脆弱性「CVE-2019-1489」については、サポートが終了した「Windows XP」の脆弱性であるため、アップデートは用意されていない。

脆弱性によって影響は異なるが、10件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

あわせて「権限の昇格」「情報漏洩」「サービス拒否」「なりすまし」「改ざん」「セキュリティ機能のバイパス」といった問題へ対処した。

(Security NEXT - 2019/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み