Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」向けに深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートを「Windows」や「macOS」向けにリリースした。

今回のアップデートは、あわせて21件の脆弱性を解消したもの。コードを実行されるおそれがある重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性14件に対処している。

バッファオーバーフローの脆弱性や、解放後のメモリへのアクセス、域外メモリへの書き込み、信頼できないポインタの参照、セキュリティのバイパスといった脆弱性を修正。

また次に重要度が高い「重要(Important)」とレーティングされた脆弱性は7件で、情報漏洩や権限の昇格が生じる問題に対応している。

(Security NEXT - 2019/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み