Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに

Kasperskyは、同社が収集、分析した脅威情報をもとに、ファイルやIPアドレス、URLなどを分析できるポータルサイトを公開した。同社と契約がない場合も利用できるという。

ファイル、ファイルのハッシュ値、IPアドレス、URLについて、脅威であるか確認し、登録状況や拡散状況などを同社データベースと照らし合わして調査できるポータルサイト「Kaspersky Threat Intelligence Portal」をオープンしたもの。

従来契約者向けに提供していた一部機能を公開。企業やマネージドサービスプロバイダのインシデント担当者、SOCアナリストなどが調査に活用できる。

同社が2019年に実施した調査では、脅威インテリジェンスを利用している回答者は36%にとどまっており、金額の高さが導入障壁となっていたことから、一部機能をオープンにしたという。

URLやハッシュ、IPアドレスについては、1日あたり100回まで無料で調査を行うことが可能。またファイルの解析は回数に制限なく利用できる。ファイルをアップロードするとヒューリスティック分析やサンドボックス解析などを実施する。

(Security NEXT - 2019/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究