Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット

決済サービスなどを展開する「PayPay」を装ったフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

同サービスを装い、複数種類のフィッシングメールが出回っているもの。

サービス加盟店の申し込みに見せかけたメールでは、申し込みにあたり、氏名、電話番号、事業形態、メールアドレスなどを入力する必要があり、その際にアカウントをアップグレードする必要があるなどとして、外部サイトへ誘導していた。

一方、オンラインフリーマーケットサービスである「PayPayフリマ」を装ったケースでは、利用規約を満たしているか確認するため情報の更新が必要と説明。対応しないと、アカウントや販売活動ができなくなるなどとして不安を煽っていた。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導
「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る
「我々のシステムは既にセキュリティアップデートを行っている」 - 「偽ヨドバシカメラ」からのメールに注意
「インドネシアからのサインイン検出」と不安煽るAmazonのフィッシング
JCBカード利用者狙うフィッシングに注意 - 定期メールを偽う手口
2段階認証設定したとだます「LINE」のフィッシング