Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用

Trend Microの従業員が、顧客情報を不正に入手し、第三者に販売していたことがわかった。サポート詐欺などに利用されたという。

組織内部より従業員が顧客データベースへアクセスし、データを窃取したもので、顧客の名前やメールアドレス、同社サポートチケット番号のほか、一部電話番号を取得、第三者に売却していた。同社海外法人が明らかにした。

外部からの不正アクセスではなく、内部よりアクセス制御を回避するなど、計画的に明確な犯罪の意図を持って行われたものと同社は説明。売却されたデータは、同社サポート担当者になりすました詐欺行為に悪用された。

対象となるのは、同社コンシューマー製品の利用者で、約1200万人いる顧客の1%未満だという。英語の話者を標的としており、おもに英語を母国語とする国のデータが取得されていた。

また企業や政府向け製品の顧客データがアクセスされた形跡などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
預かり資産など含む顧客情報が流出 - 大和証券
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
電子契約書サービスに不正アクセス - 利用者情報が流出
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店