Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「wpDataTables Lite」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「wpDataTables Lite」は、テーブルやグラフを作成できるプラグイン。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2019-6012」や「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2019-6011」が明らかとなったもの。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの佐藤元氏が開発者へ連絡して調整を実施。「同2.0.12」以降で修正されており、周知を目的にJVNを通じて公表されたという。

(Security NEXT - 2019/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Chrome」に2件の脆弱性、アップデート公開 - ゼロデイ攻撃も確認
「Samba」に3件の脆弱性 - アップデートがリリース
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限