Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「wpDataTables Lite」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「wpDataTables Lite」は、テーブルやグラフを作成できるプラグイン。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2019-6012」や「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2019-6011」が明らかとなったもの。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの佐藤元氏が開発者へ連絡して調整を実施。「同2.0.12」以降で修正されており、周知を目的にJVNを通じて公表されたという。

(Security NEXT - 2019/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒