Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba

ブログサービス「Ameba」において、一部ユーザーのIDなど含む内部資料が、誤ってインターネット上に公開されていたことがわかった。

同サービスを運営するサイバーエージェントによれば、10月9日19時半ごろから同日22時15分にかけて、サービス改善を目的に検証作業のため使用していた内部資料を、誤ってインターネット上に公開していたもの。

誤って公開した資料には、ランダムに抽出した4万7792ユーザー分のアメーバID、ブログ記事ID、ブログ記事のタイトル、および6つのブログ記事についての検証結果などが含まれていた。従業員による誤操作が原因だという。

ニックネームやメールアドレス、生年月日、パスワードといった登録情報などは含まれていなかった。同社では、システムによる事前検知など再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2019/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に