Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FONルータ」がDDoS攻撃に悪用されるおそれ - 修正更新を実施

FONが提供する「FONルータ」が、不特定多数からのDNSクエリへ返答する「オープンリゾルバ」として動作していることが明らかとなった。

「FON2601E-SE」「FON2601E-RE」「FON2601E-FSW-S」「FON2601E-FSW-B」の「ファームウェアバージョン1.1.7」以下において、DNSによる不特定多数からの問い合わせへ応答するオープンリゾルバの状態となっていることが判明したもの。

DDoS攻撃の一種である「DNSリフレクション攻撃」の踏み台として悪用されるおそれがあり、「CVE-2019-6015」が採番されている。

同脆弱性は、アルテリア・ネットワークスの岡崎英喜氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施した。FONではオンラインアップデートを実施する方針で、インターネット回線へ数時間接続することで修正されるとしている。

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の最新版をリリース - 脆弱性20件に対処
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
macOS向け端末エミュレータ「iTerm2」に深刻な脆弱性