Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソンにサイバー攻撃 - 公式サイトやアプリを一時停止

ローソンは、サイバー攻撃が行われていることを確認したとして、同社サイトやアプリのサービスを一時停止した。

同社によれば、9月24日20時ごろ、公式サイトと公式アプリを管理しているサーバが攻撃を受けていることを確認したもの。同社は攻撃の影響を抑制するため、アクセスを遮断した。

今回の対策の影響により、同月25日17時の時点においてもウェブサイトやアプリを閲覧できない状態となっている。

同社では、攻撃元の調査やセキュリティ対策の実施など対応を進めている。

(Security NEXT - 2019/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
ソフォスら、サイバー攻撃の検知からブロックまで自動化するソリューション
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも