Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソンにサイバー攻撃 - 公式サイトやアプリを一時停止

ローソンは、サイバー攻撃が行われていることを確認したとして、同社サイトやアプリのサービスを一時停止した。

同社によれば、9月24日20時ごろ、公式サイトと公式アプリを管理しているサーバが攻撃を受けていることを確認したもの。同社は攻撃の影響を抑制するため、アクセスを遮断した。

今回の対策の影響により、同月25日17時の時点においてもウェブサイトやアプリを閲覧できない状態となっている。

同社では、攻撃元の調査やセキュリティ対策の実施など対応を進めている。

(Security NEXT - 2019/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害