Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も

フィッシング対策協議会は、マイクロソフトを装ったフィッシング攻撃の報告が寄せられているとして、注意喚起を行った。

20190906_ms_001.jpg
情報詐取後に表示される画面。あたかも作業を行っているかのように演出していた(画像:フィ対協)

フィッシングメールは、「プロダクトキーがの異常な状態と解決手順について。」といった件名で流通。

本文では「Officeのプロダクトキーが違法コピーされたおそれがある」「攻撃者が利用するプロダクトキーでほかのOfficeを起動しようとしている」などと不安を煽り、偽サイトへ誘導。個人情報をだまし取ろうとしていた。

フィッシングメールや誘導先の偽サイトでは、「手続きは匿名で行われ、プライベートな情報は保護される」などと説明する一方、誘導先でアカウント情報の入力を要求。くわえて個人情報の再登録などと称して氏名や住所、電話番号、セキュリティコードを含むクレジットカード情報を入力させようとしていた。

さらにフィッシングサイトでは情報の詐取後に、偽サイトと気が付かれないよう「Officeライセンスを修復中」などと、あたかも実際に作業を行っているかのような画面を表示。犯行を隠ぺいしようとしていた。

9月6日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導