Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県

愛媛県立南宇和病院の職員が、患者や職員の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことがわかった。

同県によれば、7月22日に個人情報含む私物のUSBメモリを院内で紛失したもの。

問題のUSBメモリには、透析患者142人の氏名や病名、透析に関する情報のほか、入院患者110人の氏名や口腔ケアの実施記録、嚥下機能の重症度、転院先などの情報が保存されていた。また職員22人の氏名や電話番号なども含まれる。

紛失当日、同職員は会議へ出席した際にUSBメモリを白衣のポケットに入れたが、その後の所在がわからない状態だという。

同職員は、同日トイレへ行った際、同じポケットに入れていた印鑑のフタを落としており、その後紛失が明らかになっていることから、院内にくわえ、浄化槽についても複数回探索を行ったが発見できなかった。

同院では、警察へ紛失を届けるとともに、対象となる患者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大