Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS向けにセキュリティアップデート - 脆弱性44件を修正

Appleは、macOSの最新版「macOS Mojave 10.14.6」や、セキュリティアップデート「Security Update 2019-004 High Sierra」「Security Update 2019-004 Sierra」をリリースした。

同社は今回のアップデートを通じて、「WebKit」に関する脆弱性22件をはじめ、あわせて44件の脆弱性を修正した。

メモリ破壊が生じ、システム権限でコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2019-8697」のほか、FaceTime、Siri、Bluetooth、Safari、Time Machineなど、多岐にわたる脆弱性を修正した。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8641
CVE-2019-8644
CVE-2019-8646
CVE-2019-8646
CVE-2019-8648
CVE-2019-8649
CVE-2019-8656
CVE-2019-8657
CVE-2019-8658
CVE-2019-8660
CVE-2019-8661
CVE-2019-8662
CVE-2019-8663
CVE-2019-8666
CVE-2019-8667
CVE-2019-8669
CVE-2019-8670
CVE-2019-8671
CVE-2019-8672
CVE-2019-8673
CVE-2019-8676
CVE-2019-8677
CVE-2019-8678
CVE-2019-8679
CVE-2019-8680
CVE-2019-8681
CVE-2019-8683
CVE-2019-8684
CVE-2019-8685
CVE-2019-8686
CVE-2019-8687
CVE-2019-8688
CVE-2019-8689
CVE-2019-8690
CVE-2019-8691
CVE-2019-8692
CVE-2019-8693
CVE-2019-8694
CVE-2019-8695
CVE-2019-8697
CVE-2019-8697
CVE-2018-16860
CVE-2018-19860
CVE-2019-13118

(Security NEXT - 2019/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応