Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大

過去に都立高校へ勤務していた明海大学の教員が、都の情報ネットワークから収集したメールアドレスを使用し、セミナーの案内メールを送付していたことがわかった。

同大によれば、同大教員は3月まで都立高校に勤務していたが、在任当時に都の東京都高度情報化推進システム(TAIMS)より教職員のメールアドレスを収集。都立高校に務める英語科教員のメーリングリストを作成していた。

今回、同教員が同メーリングリストを利用して、約1500人の教員に対し、同大が8月に実施する「英語授業改革セミナー」の案内文を送付したことが明らかになったという。

同大では同教員を厳重注意とし、メーリングリストの削除を指示。また、全教職員に対し個人情報の適切な取り扱いについて研修を実施するとしている。

(Security NEXT - 2019/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県