Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処

「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「Chrome 75.0.3770.142」をリリースした。数週間以内に展開するとしている。

今回のアップデートでは、脆弱性2件を修正した。「JavaScript」のエンジンである「V8」がクラッシュする脆弱性「CVE-2019-5847」を解消。脆弱性の重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」とされている。

またセンシティブな情報が漏洩するおそれがあるフォントサイズの脆弱性「CVE-2019-5848」に対処した。重要度は1段階低い「低(Low)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2019/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ