Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区

東京都豊島区は、特別徴収義務者の法人に対して送付する催告書を本来の送付先とは異なる宛先に送付したことを明らかにした。

同区によれば、催告業務を委託している法律事務所より、特別徴収義務者の法人へ催告書を送付する際、102件について誤った宛先に送付したという。

同区が宛名データを作成した際、処理のミスにより、宛名と宛先が異なる状態が発生。そのまま委託先へ渡してしまったという。

同区では対象となる法人に事情を説明。誤送付した催告書を回収している。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県