Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区

東京都豊島区は、特別徴収義務者の法人に対して送付する催告書を本来の送付先とは異なる宛先に送付したことを明らかにした。

同区によれば、催告業務を委託している法律事務所より、特別徴収義務者の法人へ催告書を送付する際、102件について誤った宛先に送付したという。

同区が宛名データを作成した際、処理のミスにより、宛名と宛先が異なる状態が発生。そのまま委託先へ渡してしまったという。

同区では対象となる法人に事情を説明。誤送付した催告書を回収している。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県
郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市