Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区

東京都豊島区は、特別徴収義務者の法人に対して送付する催告書を本来の送付先とは異なる宛先に送付したことを明らかにした。

同区によれば、催告業務を委託している法律事務所より、特別徴収義務者の法人へ催告書を送付する際、102件について誤った宛先に送付したという。

同区が宛名データを作成した際、処理のミスにより、宛名と宛先が異なる状態が発生。そのまま委託先へ渡してしまったという。

同区では対象となる法人に事情を説明。誤送付した催告書を回収している。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
市施設利用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 古河市
教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
個人情報を市サイトで誤公開、差替後も閲覧可能 - 浦添市
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も