Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中

「Amazon」を装い、偽サイトに誘導する「スミッシング攻撃」が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

スマートデバイス向けに送信される「ショートメッセージ(SMS)」を利用したフィッシング攻撃(スミッシング攻撃)が確認されたもの。メッセージでは重要なお知らせがあるなどとし、詳細を確認するよう求め、偽サイトのURLを記載していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、クレジットカードのブランドや番号、名義、有効期限、セキュリティーコード、暗証番号、口座番号下4桁、電話番号、生年月日などの個人情報を入力させようとしていた。

7月5日の時点で稼働が確認されており、同協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトが設置されるおそれもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「顧客満足度調査で1万円」とだますフィッシング - 三井住友銀を偽装
「2万円の払い戻し」などと誘う全日空のフィッシングに注意
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
三井住友銀装うフィッシングに注意 - 消費増税で「カードや通帳の停止」?
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し