Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処

Appleは、同社の「AirPort(AirMac)」向けに複数の脆弱性へ対処したファームウェアのアップデートをリリースした。

「AirPort Express」「AirPort Extreme」「AirPort Time Capsule base stations」向けに複数の脆弱性を修正するアップデート「AirPort Base Station Firmware Update 7.8.1」をリリースしたもの。

5月末に「同Extreme 802.11ac」「同Time Capsule base stations 802.11ac」向けにリリースされた「AirPort Base Station Firmware Update 7.9.1」とは異なるアップデートとなる。

今回のアップデートでは、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-8578」「CVE-2019-8572」のほか、サービス拒否や情報漏洩、メモリリークなど、あわせて8件の脆弱性を修正した。修正の対象となる脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8581
CVE-2019-8588
CVE-2019-8578
CVE-2018-6918
CVE-2019-8575
CVE-2019-7291
CVE-2019-8580
CVE-2019-8572

(Security NEXT - 2019/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8割強が「QRコード決済」を認知 - 利用中は15.6%
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通