Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大

吉備国際大学は、学生向けの掲示板システムにセキュリティの不備があり、投稿されたファイルが外部から閲覧可能になっていたことを明らかにした。

同大によれば、問題があったのは吉備国際大学大学院で通信制の知的財産学研究科において、在学生や修了生との情報共有に用いている掲示板システム。

投稿に添付されたファイルが、本来は閲覧できない外部より閲覧可能だったもので、4月下旬に修了生からの指摘があり、判明したという。

外部から閲覧可能だったファイルには、学生の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、科目の評価など個人情報が含まれるものが含まれるという。

同大では、掲示板システムにおいて添付ファイルへのアクセスを制限。個人情報が流出した可能性がある学生に対し、書面や電話などで事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2019/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大
オーディション応募者へのメールで誤送信、メアド流出 - 松竹芸能
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
スポーツ教室参加予定者宛メールを誤送信 - 福岡市
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀
高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構