Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市

大阪市は、介護サービスの利用決定に関する個人情報含むメールを、誤って無関係の事業者へ送信したことを明らかにした。

同市によれば、4月26日16時半過ぎに送信した生活支援型食事サービスの利用決定者に関するメールを、誤って本来送信すべき事業者とは異なる事業者へ送信したもの。

誤送信したメールには、サービス利用決定者13人の氏名と介護保険者被保険者番号、サービス内容など含まれる。利用決定者のリストを事業者別に作成した際、誤ったリストを作成したことに気付かず送信してしまったという。

同市では、誤送信先に連絡してメールの削除を依頼。個人情報漏洩の対象者となる利用決定者には、電話で説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
不正アクセスでクレカ情報流出のおそれ - モーターマガジン社
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
授業料補助金申請書類を宅配業者が紛失 - 近大付属高校
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者