Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チケット販売サイトで他顧客情報を誤表示 - PWや秘密の質問なども

キョードー東京が運営するチケット販売サイトにおいて、アクセスした顧客の個人情報が関係ない別の顧客に表示される不具合が発生していたことがわかった。

同社によれば、チケット販売サイト「キョードー東京チケットオンライン」において、3月16日4時7分から同日8時17分にかけてアクセスした顧客情報が、本人以外に表示された可能性があるもの。

最大1600件の個人情報で、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、ID、パスワード、秘密の質問および回答が含まれる。

3月15日から同サイトに高い負荷がかかり、アクセスしにくい状態となったため、委託先が3月16日4時7分ごろに対策を講じたが、対応に問題があったという。

今回の問題を受け、同社では同サービスを一時停止。復旧作業を行っている。利用者には、サイトが再開次第、メールアドレスとパスワードを変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
ファンクラブサイトで不具合 - 会員情報を誤表示
学会費納入依頼メールで送信ミス - 日本植物学会