Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チケット販売サイトで他顧客情報を誤表示 - PWや秘密の質問なども

キョードー東京が運営するチケット販売サイトにおいて、アクセスした顧客の個人情報が関係ない別の顧客に表示される不具合が発生していたことがわかった。

同社によれば、チケット販売サイト「キョードー東京チケットオンライン」において、3月16日4時7分から同日8時17分にかけてアクセスした顧客情報が、本人以外に表示された可能性があるもの。

最大1600件の個人情報で、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、ID、パスワード、秘密の質問および回答が含まれる。

3月15日から同サイトに高い負荷がかかり、アクセスしにくい状態となったため、委託先が3月16日4時7分ごろに対策を講じたが、対応に問題があったという。

今回の問題を受け、同社では同サービスを一時停止。復旧作業を行っている。利用者には、サイトが再開次第、メールアドレスとパスワードを変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
「名探偵コナン検定」でメール送信ミス - メアド流出
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
緊急事態宣言対応の留学生宛て連絡メールで送信ミス - 中京大
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
個人線量データを誤送信、個人番号も - 東電
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で