Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害

同社では、不正アクセスの検知後、1月20日1時ごろまでに不正ファイルの削除や不正利用されたアカウントの停止など、対策を実施した。

同ホスティングサービスを利用する契約数は非公表だが、改ざんの影響について「全体の10%未満(同社広報)」としている。

同社がログ分析など調査を進めた結果、不正ファイルの設置以外に不審な活動は確認されておらず、その他コンテンツの改ざんや、情報流出について否定。

マルウェアも検出されておらず、設置されたファイルは静的ファイルで、各ウェブサイトを通じて問題のファイルを閲覧した場合も、マルウェアへ感染する危険はなかったとしている。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン